2009年02月17日

最後の戦い2

午後からはフリーの大会(連盟杯)が行われました。

6年生にとっては最後の大会です。悔いのないように試合に挑んでほしい。それだけです。

1回戦は、柴橋スポーツ少年団とです。背の高い選手が揃っています。

子供達もいつもより気合が入っているように感じます。
そしてスターティングメンバーは、この6人。

#1 攻守の要でチームを引張るキャプテン、H條君(6年)センター
#2 左利きのエースで鋭いスパイクが持ち味の、O泉君(6年)ライト
#3 ブロックと正確なトスを振り分ける、H谷川君(6年)セッター
#4 正確なサーブとみんなを盛り上げる、M田君(6年)バックライト
#5 小さいけれどパワーのある、K斗君(4年)レフト
#7 レシーブを頑張れ!長男の、T誉(4年)バックライト

全体への指示は、

1 最後まで諦めずに何が何でも相手コートにボールを返せ。
2 6年生が中心となって声を出して盛り上げろ。
3 ボールがコートに落ちるまで気を抜くな。

1セット目が始まりました。
CIMG5323.jpg

序盤はサーブ、レシーブ、スパイクと練習通りの試合運びです。
面白いようにO泉君のスパイクが決まり、要所でH谷川君のブロックも決まります。

O泉君のスパイクが決まりコートを走り回って喜ぶ6人。
CIMG5324.jpg

終盤になると、やっぱり力がある柴橋チームに多少追い上げられましたが、何とか1セット目をものにしました。

2セット目、写真も撮れない位の激闘です。
ベンチも応援席もヒートアップ。序盤はミスも重なり2−9と致命的な7点差。タイムをとり指示を出す。【諦めるな、くらいついて行け、声を出せ】子供達も自分もF澤コーチも必死です。

ここで子供達が輝きを放ちます。

O泉君の鋭いスパイクが決まります!H谷川君の素晴らしいブロックが炸裂!H條君のコースを突いたスパイクが決まり、M田君のサービスエース!粘り強いレシーブが復活し、どんどん追い上げます。

そして7点差をものともせず、16−16のタイに。

ここからは、胃が痛くなるような熱戦でしたが、柴橋チームも黙っていません。18−20と先にセットポイントをとられ後がなくなってしまいました。

でも、ここからまた粘りを見せ連続得点で20−20のタイに凄い試合です。こんな試合はなかなか見れません。お母さん達の叫び声が体育館に響きます。あと2点です。

続く1点を奪取し最後の1プレイ。柴橋チームのレシーブがコッチへ帰ってきました。みんな大声で『アウトー!』と叫びボールがコート外に落ちます。

その瞬間、コート上では喜びを爆発させる子供達。握手する自分ら。絶叫する応援席。子供達と次々にハイタッチを交わしていきます。涙が出そうです・・・。

激闘が終わりベンチにて。
CIMG5328.jpg

15分後、喜びも束の間に決勝へ向けて西川戦。
精魂尽き果てたのか、さっきの激闘が嘘のようにボロ負けしてしまいました・・・。

結果、最後の大会は3位でした。
CIMG5331.jpg

優勝候補からの勝利に子供達に悔いはないようです。

ご父兄の皆さんからも【感動した、最後に素晴らしい試合を見せてもらった】と言ってもらえました。ありがとうございました。

6年生の皆さん、お疲れ様でした。
中学校へ行ってもバレーを続けるという約束と握手は忘れませんよ。
頑張って下さいね。

最後はコレ。コレも大事です。
CIMG5335.jpg

H條会長は次の日、起きれなかったそうだ・・・。

それでは。






posted by ootomi at 13:05| Comment(2) | PTA・スポ少など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トミゾウ、コートの熱気が画面から伝わってくる

のぉ〜

さぞかし旨い酒じゃったろうぉ〜子供達に感謝

せなぁ〜いかんぞ!

そしてすぐ次にむけて精進じゃ!!
Posted by 親分 at 2009年02月17日 17:49
大変美味しいお酒でしたよ。

ホント子供たちに感謝です。

チームらしくなるには時間がかかりますが、
これからも頑張って行きます。

応援宜しくお願いします!
Posted by TOMY at 2009年02月18日 12:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。